2007年11月21日

白癬(はくせん)

カビの一種
白癬とは近縁の菌によって起こる病気を含め一括し指し示す言葉です。

白癬は、皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)と呼ばれる場合もあります。

ヒトや動物の角層(皮膚の最外層)に寄生しているカビをまとめて皮膚糸状菌と呼ぶ。
この種のカビによる病気を皮膚糸状菌症といわれている。

カビとの接触が原因で、フケや脱毛がみられ、かゆみのため皮膚をか
くようになります。
ゲージの中を清潔に保ち、湿気のないようにしましょう。

予防
古い食べ物や水を与えないのが良い
ゲージ内に古い牧草をいつまでも放置しない。
(食べ残しの牧草に尿や水分が掛かってしまった場合は
速やかに掃除するようにしたい)
水は、常に新鮮な物を与える。

※ウサギだけでなく、他の動物共に共通の皮膚の疾患であり
人に特異的につく菌を「好人性菌」と呼びます。
(好人性菌:水虫、たむし等で、菌の種類はウサギのモノと違う)

※症状が確認されたら、迷わず病院へ行きましょう。
早期治療が、完治の早道となります。

※飼い主の知識向上の為の資料、参考程度としてください。



ニックネーム きなこのパパとおねいちゃん at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 兎の病 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1209598
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック