2008年01月22日

尿石症

比較的発症しやすく
膀胱結石、尿道結石、腎臓結石などの尿石症がある。

ウサギの尿はpHが高うえ尿中カルシウム濃度が非常に高いために、
カルシウム結石の発生がとても多い。
トイレ掃除等で、トレイにこびリついている汚れで、
尿のカルシウム含有量の多さは比較的実感しやすい。

膀胱や腎臓に結石ができてしまうと、血尿や頻尿がみられる
尿道に結石が詰まってしまうと、 排尿障害のため元気がなくなります。
放っておくと尿毒症状態を引き起こし最悪死亡するケースもあるようです。
(元気が無い時点では、大分病状は悪化している事が多い
日頃から、ウサギを観察する事で最悪の状態を回避したい)

予防としては、
先に述べた通り、他の動物(犬、ネコ等)より尿として排出される
カルシウムが多いので結石を形成しやすくなる為
ウサギに与えるペレットは、カルシウム含有率の低い製品を選ぶ事が重要。
お値段が手頃でも、カルシウム含有率の高い製品は
購入を控えた方が無難でしょう。

もともと、ウサギは草(牧草)等を主食としており
牧草との併用により、ペレット摂取をトータル的に減らすのが理想。
ですが、牧草だけでは必要な栄養素の摂取が足りず、
成長不順、病的抵抗の低下を招くのでバランス良く、
食事を与える事に心掛けたい。

話が逸れたが、尿の濃度が上がるのも(濃くなる)のも
結石を作りやすい一因のため、
水分の多い野菜を与えることによって尿濃度を調整し、排尿を促すことで
尿中の結石成分の濃度を下げるようにするのもよい。
(ウサギの年齢、健康状態を判断し水分の多い食べ物の与えすぎによる下痢等に注意)

治療は、
出来てしまった結石に対しては外科的な摘出となります。
膀胱炎などを併発していることも多いので、抗生物質や、止血剤の投与も平行して
行われる。

まずは、症状(血尿や頻尿)が出たら、病院に行って診察を受け
適切な治療を受ける事が大事と心得たい。

※飼い主の知識向上の為の資料、参考程度としてください。


ニックネーム きなこのパパとおねいちゃん at 11:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 兎の病 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜んとっても興味深く読ませていただきました
実はこの前の病院での血液検査で1個だけ要注意と言われてのが
カルシウムだったんです
多目に出てるので気を付けてといわれました
まるは水をほとんど飲まない子なんですね、だからレタスとか水分の多い野菜をあげてるんですけど
好きな野菜がバジル・大葉・ニンジン葉なんですよね、これってものすごくカルシウムが高いってわかったんです(−−;;
なので毎日あげるのは辞めました・・・
カルシウムが低い野菜で食べてくれるものが少なくて困ります(^^;;
あとは、定期的なレントゲン検査をするようにって言われましたね〜
Posted by がじゅう at 2008年01月22日 17:40
がじゅうさんへ・・・

コメントありがとう御座います。
少し心配ですねぇ
まるちゃんにはガンバって水分を摂って貰いましょう。
石が小さい内に見つかれば、服薬のみでも
完治するようです。
人間でも同じように石を体内に持っている人が
います。
治っても直ぐに出来てしなうと嘆いていました。
ウサも同じなんでしょうかねぇ〜
リンゴとか果物もダメなのでしょうか?
なんとかして水分を摂らせたいですねぇ
Posted by きなこパパ at 2008年01月22日 18:00
はじめまして。
最近、兎を飼い始めたばかりなのですが、
うちと同じ『きなこ』ちゃんと言う名前だったので、
コメントさせていただきました。
プロフィールのコロンとした後ろ姿もかわいいですね。
また、遊びに来させていただきますね。
かわいい写真はもちろんの事、病気の事もしっかり読みたいと思います。
Posted by Murasaki at 2008年01月22日 19:44
Murasakiさんへ・・・

御訪問頂きありがとうございます。
家も久々にウサギと暮らす事になり
知らない事が沢山で・・・って感じです。
ですが、大勢のウサ飼いさん達との交流も
このブログを行うことで増え
為になる情報も沢山頂いております。
特に病気の事については助かっています。
リンクから他のブロガーさんの所に行ってみてください。
楽しいウサ飼い仲間が待てますよ!
また遊びに来ていただけるのを
お待ちしております。
Posted by きなこパパ at 2008年01月22日 22:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1269446
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック