2008年01月23日

きなこの通院

ずーっと読んでくださっている方は御存知だと思いますが
きなこは昨年10月から11月にかけて通院していました。

『まる君との生活』のまる君が
虹彩膿瘍(こうさいのうよう)という病気に掛かってしまったそうで
それを見てとても心配だった反面
うさぎの病気と言うのは色々あるのに
情報としてはとても少ないんだなと実感しました。

きなこの病気は軽いもの(多分)で
通院1ヶ月くらいで治りましたが
何かの参考になればと思い改めて書くことにしました。

家へ来て1ヶ月位の頃
ほんの少し前までは気になる事はなかったのですが
急に左目辺りが赤く腫れている事に気が付きました
私は見ていなかったのですが
部屋を走り回っていたきなこが家具か壁に激突したのを
パパが見ていてぶつかった事で腫れたのでは!?と
腫れ以外は特に変わった様子もなく
ご飯もモリモリ食べていたので
少し様子をみてみようと言う事に

少し様子を見ても腫れは引くことはなく
常に涙が出ているのか
左目の周りが濡れている状態

うさぎの飼育本を色々見た結果
結膜炎かもしれないと思い
病院へ行く事にしました

病院は近い方がいいだろうと思い
近所の動物病院へ行くと
先生の診断も結膜炎
抗生物質の目薬を貰い
治らないようだったら違う薬を出すのでまた来てくれ
と言うことでした。
病院の感じは犬猫を主に診ている感じはしましたが
エサの指導などもして頂きナカナカいい感じでした。

点眼を始め症状はというと
治ってるような、治ってないような・・・
目薬を差すと腫れは引くようでしたが
時間が経つとまた腫れてくる感じ
「薬は効いているのかなぁ???」
と思いながらも腫れは少しずつ引いてきました

目の腫れがよくなってきて安心していたのも束の間
いつものように夜ご飯をあげようと
ペレットをケージ越しに一粒あげていると
今度は鼻に小さな黒っぽいカサブタみたいなものに気が付きました
小さいものだし自分で引っ掻いて傷つけでもしたかなぁ・・・と
気にはしていたのですが
食欲も今まで通りだし
元気に走り回っているし
また少し様子を見る事にしたのですが
カサブタらしきものはどんどん大きくなっていき
ふとした時にくしゃみを連発

さすがにちょっとおかしいと思い始め再度病院に行く事に
パパは渋っていたのですが
ペットショップで教えて貰っていた
少し遠い場所のうさぎを始め小動物を得意とする病院へ

診察室に入り
先生はきなこをひょいっと抱き上げると
「うさぎ梅毒ね」と一言
うさぎばいどく!?なんじゃそりゃ
初めて聞く病名です
抱き上げたきなこを仰向けにして
肛門をみせてくれて
「ほら、赤くなってるでしょう」と
人間の梅毒は聞いた事はあるけれど・・・
飼育本にそんな病名はなかったし。
※うさぎ梅毒の詳細はコチラ


治療は投薬になります
先生が言うには
他の先生は抗生物質を出す事が多いらしいのですが
最悪、副作用で死んでしまう事もあるので
先生が前に同じ病気で使い
効果のあった薬を処方してくれる事に
(聞きなれない名前だったので、薬の名前は覚えていません)

朝夕、1日2回の投薬
薬がきなこには合っていたようで
副作用もなく
投薬を始めて3,4日目には
見た目にわかるほどよくなってきて
1週間経つ頃には病気だったことがわからない位に
よくなっていました

先生もビックリする位の
回復を見せたきなこでしたが
投薬は1ヶ月位続きました

CIMG1570.jpg

目の周りが1番酷かった頃のきなこ


今は元気いっぱいなきなこ
当時は痛かったのか、痒かったのかは
きなこは話せないのでわかりませんが
最初に2軒目の動物病院に行っていれば
もっと早くに楽になっていたかもしれないと思うと
きなこに対して申し訳ない気持ちになってしまいます。


今後もまだまだきなこと一緒に暮らす事になります
毎日、楽しい事が沢山ありますが
切り捨てる事が出来ない現実として
外科、内科の病気などのが常につきまといます。
飼い主としての自覚をもって対処して行きたいと思っています。


ニックネーム きなこのパパとおねいちゃん at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | まえのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うさぎさんは目が外に出てるから、きをつけないとって思いますね
うさぎ梅毒・・初めて聞きました(@@;;
そっかぁ、きなこちゃん目が痛かったのね、痛々しい写真です(><)
そして、次の病気と・・大変だったのね〜知らなかったです(><;;
動物を飼ってると何も無いことないですものね、いろいろありまね、うちも小さい時から病院通って、また今度は目だし
でも、そのたびに普段の何気ない生活か幸せなんだと実感させてもらえますね(^^)
Posted by がじゅう at 2008年01月24日 01:07
通院のことは知ってましたが
今日、詳しいことを見て、あらためて、おねいちゃんとパパさんと
そして、きなこちゃんの頑張りに、うるうる来ちゃいました…
写真、腫れてるね…痛かったね…(:_;)
私のブログを見てくださってる東京ファームさんちの
るんちゃんが以前、突然膀胱が真っ赤にはれあがって
精巣炎と診断されたのですが、この病気もお母さんが持つ梅毒から来ています…
という日記を見たことがあります…
それから、ウサちゃんをよく知る先生に出会えたこと
良かったですね!心強いですよね(^^)
そして、がじゅうさんの言うとおり
何気ない生活が幸せなんですよね…☆





Posted by るんママ at 2008年01月24日 01:36
がじゅうさん

今、元気でいてくれるきなこを
ありがたく思いますね。
目の腫れは結膜炎ではなく
梅毒からくるものだったのかもしれません
飼い主の無知のせいで辛い思いをさせてしまいました。
情報が少ない中みなさんのブログで
勉強させて貰っています。
本当に出来るだけ長く一緒にいたいですからね。

ps
まる君の名前、病名など勝手に使ってしまいました・・・すいません。


るんママさん

隠すつもりはなかったのですが
特に言う事でもないかなと思っていました
でも、この記事をきっかけにこんな病気もあるんだなと知ってもらえたらいいかなと
逆に皆さんのブログから知る情報が沢山あるのでそのお返しって感じでしょうか(笑

母親からの感染もあるのですが
梅毒持ちのうさぎさんを触って
その手で触っても感染してしまうものらしく
先生に「ペットショップでうさぎさんを触って、家に帰って手を洗わず触っちゃう人が多いのよね〜」と言われました
(梅毒持ちのうさぎさんを飼っている人からペットショップでうつされる可能性もあるでしょうし)
きなこは元々持っていたものが
環境が変わり、夏の暑さなんかでストレスが溜まって発症したのかもしれません。

先生はあっけらかんとしていたので
深刻になることなくすみました
うさフェスタで講演していた先生ですわーい(嬉しい顔)

ありゃ、コメントに長々入れてしまいましたたらーっ(汗)
Posted by きなこおねいちゃん at 2008年01月24日 09:44
こんばんは
きなこちゃん 大変な病気だったのですね
でも回復して本当に良かったです。
きなこちゃんの強い生命力と
飼い主さんの暖かい看護と愛情で
克服したんですね。

ブログを通して 色々な情報交換が
出来て ブログを始めて良かったと
心から思います。
Posted by nora at 2008年01月24日 17:10
noraさん

看護なんてことは殆どなく
薬を飲ませるのと通院に通った位なんです
病気ながらもご飯も良く食べ
元気でいてくれた
きなこの生命力のお陰です。

私もブログを始めて
色々な方と交流が持てて
始めてよかったと思っています。
Posted by きなこおねいちゃん at 2008年01月24日 19:02
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1271063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック