2009年09月30日

胃腸のうっ滞

ウサギの病気で発病確立がかなり高い病気です
普段健康そうに見えるウサギでも突然なる場合があります


胃や腸に食べ物が詰まっている為
胃腸の働きが低下し、食欲不振、
軟便、便秘をおこします

放っておくとに至る場合もあります


◆状況

 急に食欲が無くなった
 じっとして元気がない場合は胃腸のうっ滞がほとんどです

 抜け毛を飲み込み発症する「毛球症」も類似の状態になります
 どちらの病も病院で診察してもらいう必要があります

 体格や性格により上記の症状だけとは言い切れません
 日頃の仕草や行動パターンを観察しておきましょう

◆考えられる原因は

  ・ストレス
  ・食餌量の低下
  ・腸内細菌の異常
  ・細菌感染
  ・かたよった食餌
  ※これら以外の要因も多数あります

◆予防方法

 正しい食生活とストレスがなければ胃腸トラブルは
 ほとんどありません。
 新鮮な飲み水、牧草を与えストレスが
 かからないようにし毎日適度な運動をさせたりしましょう。
 ※上記はあくまで理想的な事であり
  個体の特性に合わせた飼い方
  食べ物の与え方を推奨します
  既に疾患がありどうすれば良いか
  判断できない場合は行きつけの獣医さんに
  必ずご相談ください

 ストレスは聴覚、視覚からのものが多いと思われます。
 四六時中人目にさらされたり、飼育環境がガラリと変ったり
 場合によっては外の道路工事の音に反応するかも知れません・・・
 野生では巣穴で生活するウサギです。
 ケージにタオルを掛け暗くしてあげるだけでも
 リラックスできストレスの蓄積を和らげる効果があるかもしれません。
 色々試しながら、飼育環境を整えたいところです。


どの病気でもそうですが、初期状態でも素人判断はやめ
獣医さんに判断してもらい
適切な処置及びお薬の処方を行なう事が
早期改善の近道のようです。


※飼い主の知識向上の為の資料、参考程度としてください。



ザックリ調べたらこんな感じでした
幸い、家のウサっ子は元気ですが
突然の病の場合、右往左往するのが想像できます(汗
落ち着いて対処すれば良い結果が出ると思いたいです

勉強になったと思われる方は
迷わずポチポチお願いします

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ人気ブログランキングへ



ニックネーム きなこのパパとおねいちゃん at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 兎の病 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に、うっ滞だけは、突然やってくるので焦りますね(@@;;
何が原因だったんだろうと考えても思い浮かばないのです(@@;;
うさぎさんの気持ちになって、日々生活環境など整えてあげなくてはと思いますね
年齢とともに食生活の見直しなども大切なことかなぁとも思います
それぞれの子によってみんな違いますからね、自分のうちの子のことを良く観察してあげることが大切ですね(^^)
きなこちゃんはお水もよく飲むし、牧草もたくさん食べられる子ですから、安心ですよね(^^)
性格も大らかだし、なかなかの強い子だと思います(^^)
Posted by がじゅう at 2009年09月30日 18:45
私が「きなこさん」を知ったきっかけは、
きなこ家もよくご存知のmaruoさんのブログでした。
最初はネコのカムイくんのブログを拝見していたのですが、
「えっ、ウサギーズのブログ開始?うさ友?」ということで、
ジャンプして出会えたのが「きなこさん」でした。
最近、体調不良のグレくん・・・
10/11にお誕生日を迎えるのですが、
娘が「早くお誕生日おめでとうを言いたい。
10月になったらいいよね?」
というので、明日は都民の日で学校もお休みのため、
起きていることを了承しました。
午前0時を待ってブログに書き込もうとアクセスしたら
あまり良好でないという更新でした・・・
娘はひと泣きして寝たのですが、心配です。
今の私たち親子をきなこさんに逢わせてくれた
maruo家のウサギーズ長男グレくん。
グレくんにはずーっと
1分1秒でもmaruoパパと一緒に過ごせるよう
「元気玉」を送り続けています。
Posted by みゅう at 2009年10月01日 00:46
四葉がじゅうさんへ・・・

うっ滞以外の病気も
発病原因はウサちゃんに聞かないと
分からないのがモドカシイです
病気にならない様に手を掛け過ぎる事で
うさちゃんが本来持っている生きる力を遮る事もあり
加減が難しいですよねぇ〜

家のウサっ子は普段健康なだけに
突然病気になった場合がとても怖いです
常に知識を蓄え、行動を観察してあげる事で
慌てず冷静に判断出来るのではないかと
思っています


四葉みゅうさんへ・・・

少し前のmaruoさんのブログで
持ち直している感じがしたのですが
残念でした・・・
でも、ウサギの寿命の平均が5年
長くて7〜8年と言われています
重い病気を持ちながら6年
ウサも飼い主も大変だったと思います
毛並みが艶々していてお気に入りのウサちゃんでした!

回復を願っていた
娘さんの事がとても心配です
Posted by きなこパパ at 2009年10月02日 10:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1849828
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック